SSRI 早漏

SSRI薬で早漏が治るって本当?

 

抗鬱剤の仲間である選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)には、
言うまでもなく鬱病を改善する作用があるのですが、
実は早漏を改善するためにも役立つと見られています。

 

実際、SSRIを使った人の中には
「性欲が減退する」「イクまでの時間が長くなった」
と言っている方もそれなりにいます。

 

 

そして、国外の研究によって「早漏がSSRI薬で改善する根拠」については、
医学的な証明が成されています。

 

 

ただし、副作用のリスクは大きいです。
実際、国内では早漏を改善するためにSSRIを使う事は認可されていません。

 

その事を踏まえた上で、以下の説明をお読みくださればと思います。

 

早漏を改善のためにSSRI薬を用いる事について

 

すぐには効かない

 

性行為の前にSSRI薬を摂取しても、即座に早漏が改善するというわけではありません。

 

およそ半月、毎日摂取し続ける事で、ようやく効き目が現れるとされています。

 

元々SSRI薬はうつ病を改善するために開発されたのですから、
早漏に関してそこまで劇的に効かないのも納得できますよね。

 

保険の対象にならない

 

医療機関に出向けば、SSRI薬を出してもらう事が可能です。

 

ですが、早漏を改善するためにSSRI薬を用いる事は国内では認可されていないので、
保険の対象外となります。

 

ちなみに、例えば「パキシル」であれば、30日で6000円前後の価格となります。

 

早漏を改善するためのSSRI薬が国外で開発されている

 

国内ではあまり知られていない「早漏改善にSSRI薬が役立つ」という事実ですが、
国外では割と有名な話です。

 

SSRI薬の「プリリジー」がヨーロッパでは既に早漏改善薬(世界初)
として売り出されていますし(国内では未承認ですが)、
アメリカ泌尿器科学会もSSRI薬を早漏改善薬として推しています。

 

まだまだ時間は掛かりそうですが、
そのうち、早漏改善薬が開発されるのではないかと見られています。

 

例えるなら「勃起不全に対するバイアグラ」という感じですね。

 

パキシルが一番効く

 

プリリジー以外のSSRI薬も紹介しておきましょう。

 

  • ルボックス
  • デプロメール
  • レクサプロ
  • プロザック
  • ジェイゾロフト
  • パキシル

 

等があります。

 

この中では「パキシル」が早漏に一番効くとされています。
そして次点でジェイゾロフト、三番手がプロザックといったところです。

 

この他にもSSRI薬はありますが、効き目は低いです。

 

 

とにかく副作用が危険なので、早漏を改善したいからといって安易に使わないようにしましょう。